廃プラスチック買取(廃プラ買取)リサイクル・産業廃棄物処理なら、収集運搬から中間処理まとめておまかせ下さい。
株式会社SKRのホームページへようこそ。
Home 事業内容 会社案内 お問い合せ
Location
ホーム コンテンツ 廃プラスチック

 
 廃プラスチックとは

■プラスチックのゴミ・廃プラスチック

 今や私たちの生活に欠かすことができないプラスチック。 日常的に使用しているものの中には、プラスチックでできているものが多くあります。

 そういったプラスチックの中でも、使用し終わった後に発生するプラスチックごみのことを「廃プラスチック」と言います。

 例えば、コンビニでペットボトル飲料を買って飲んだ場合、飲み終わった後のペットボトルは廃プラスチックになります。
                
  廃プラスチックには、ペットボトルやビニール袋などの一般的な家庭から出る「一般系廃プラスチック」のほかに、コンテナや梱包材など企業が事業を行った際に出る「産業系廃プラスチック」があります。

 産業系廃プラスチックは産業廃棄物として定義されている20種類の中の1つです。

 ほかには、廃棄する合成樹脂建材や発泡スチロール、タイヤやビニールシートの屑などが産業系廃プラスチックになります。
                   

 基本的に事業で発生した廃プラスチックは産業廃棄物として処理されますが、実際は自治体によって一般廃棄物になることもあるため、事業所のある自治体に確認する必要があります。

 廃プラスチックはリサイクルが可能な資源です。一般系、産業系共に廃棄された後のプラスチックを利用して新しいものを作り出しています。


 ■3つのリサイクルとは

 リサイクルの方法は主にマテリアルリサイクル、ケミカルリサイクル、サーマルリサイクルの3つで、再利用率は80パーセントにもなります。
                     
 マテリアルリサイクルとは、リサイクルされたプラスチックを利用して、コンテナやベンチなどのほかの製品を作り出す方法です。

 包装用のトレイや衣類などの身近なものにも利用されています。

 ケミカルリサイクルは、化学原料としてリサイクルする方法で、最終的には基礎化学品や燃料として生まれ変わります。
 最後のサーマルリサイクルとは、プラスチックを熱エネルギーとして使用する方法です。

 ■SKRはマテリアルリサイクル

 このようにリサイクル可能なプラスチックをSKRでは原料として利用(マテリアルリサイクル)できるように加工しています。

 それ以外にも、廃棄されたプラスチックの回収や運搬事業なども行っております。廃プラスチックの回収・加工はぜひSKRにお任せください。







他のコンテンツを読む








このページの先頭へ
このサイトに関してのご意見をお待ちしております。「お問い合せ」まで
【廃プラスチック買取・廃プラ買取・廃プラスチック圧縮機・中古圧縮機・プレス機販売中】
Copyright(C) 2010 skr co.,ltd.All Rights Reserved.