廃プラスチック買取(廃プラ買取)リサイクル・産業廃棄物処理なら、収集運搬から中間処理まとめておまかせ下さい。
株式会社SKRのホームページへようこそ。
Home 事業内容 会社案内 お問い合せ
Location
ホーム コンテンツ ケミカルリサイクル



環境用語として、再利用=リサイクルについても専門用語があります。廃プラスチックの再利用化のためにも利用されている再利用法、そのうちの一つがケミカルリサイクルです。。

ケミカルリサイクルとか使用済の資源をそのまま利用するのではなく化学反応により組成変換した後にリサイクルすることです。廃プラスチックに主に行われているものなのですが廃食用油、畜産糞尿もこのケミカルリサイクルによって組成変換され、食用油はディーゼル燃料、石鹸、飼料。

畜産糞尿についてはバイオガス化されて無駄なくリサイクルされているのです。

廃プラスチックは科学的に分解などを経て、化学原料としてリサイクルされています。分類としては他に分類されているマテリアルリサイクル、サーマルリサイクルよりも種類が多く、原料、モノマー化。ボトルtoボトルと呼ばれているもので使用済ペットボトルを化学分解し、原料に戻した後に再び新たなペットボトルとして再重合すること。

コークス炉化学原料化という、石炭を更に1000度という高温で燃やして出来るコークス。そのコークス炉から炭化水素油、コークス、コークス炉ガスを生み出す際に廃プラスチックも利用。この時にでる炭化水素油は化成工場にて原料として利用され、コークスは高炉にて製鉄所などの還元剤に、コークス炉ガスは発電などに利用されるのです。

油化されて生成油、燃料などへの再生も行われます。

原料、モノマー化、高炉原料化、コークス炉化学原料化、ガス化、油化とケミカルリサイクルは多岐に渡るリサイクルを可能としており、化学分解は様々な変化をもたらして再び廃プラスチックを人々の生活に使用できるようにしています。


このケミカルリサイクルで利用できないプラスチックも中にはあるものの、かなりの高確率で再利用を可能にしています。

特にこの中でもコークス炉化学原料化というものは廃プラスチックをほぼ100%の確率でリサイクルさせることに成功するものであると言われています。

当社は、販売先として、アジア全体にネットワークを持っているため、情勢に左右されず安定した価格で買取できます。

また廃プラスチックは、塩ビ管やPPなどさまざまなものがございますが、いずれにも対応できることが当社の強みの一つです。

他の業者に処理を断られてしまったような廃プラスチックも、当社であれば処理が可能かもしれません。

買取のご依頼は、工場へ直接お越しいただく他、回収車による出張も行っております。もし、廃棄物の処理にお困りであれば、お気軽にご相談ください。










このページの先頭へ
このサイトに関してのご意見をお待ちしております。「お問い合せ」まで
【廃プラスチック買取・廃プラ買取・廃プラスチック圧縮機・中古圧縮機・プレス機販売中】
Copyright(C) 2010 skr co.,ltd.All Rights Reserved.