廃プラスチック買取(廃プラ買取)リサイクル・産業廃棄物処理なら、収集運搬から中間処理まとめておまかせ下さい。
株式会社SKRのホームページへようこそ。
Home 事業内容 会社案内 お問い合せ
Location
ホーム コンテンツ ごみのうち40%がプラスチック


プラスチックゴミというものはその重さ自体は家庭ごみの全体の10%ほどという微々たるものに感じるのですが要領でいうと40%と約半数がプラスチックごみで占められているのです。

この40%を削減するために、埋め立て地の不測の緩和、資源の有効活用を図るために再生資源利用促進法を制定、公布されました。

ケミカルリサイクル、サーマルリサイクルなどを用いてリサイクル活動をするとこの40%の資源をほぼ余すことなく有効活用できるようになった近年。技術も向上しこれからもこれら廃プラスチックはゴミとしてではなく再生資源として扱われるのです。

中国ではこの廃プラスチックを資源として価値を持ち、いま日本から輸入しているほどのものとなりました。

技術不足であった頃ただのゴミとして埋め立てられていたものが今となっては再び人々の役に立つものとして扱われ価値がついています。

再生されるものの価値は微々たるものから発電所の燃料まで幅広い廃プラスチック。また再商品化に要する費用は価格に転嫁しても良いこととなり廃棄物を減らせばそれだけ経済的なメリットも生むものとなっており、その成果もあって2004年には廃プラスチックのリサイクル率は61%にまで伸びて世界最高水準まで上り詰めました。

この高いリサイクル率は維持されており、これからも技術の向上と付加価値から更に高いリサイクル率を誇ることになるのではないでしょうか。

家庭で何気なく出る魚のパック、梱包材、発泡スチロールなども高いリサイクル率を誇るもの分類です。

じつは経済的なメリットも生んでいるこれらの価値、いまご家庭にあるパックなどもリサイクルを経て、また家庭に戻り人々の役に立っているものだといえるでしょう。

エネルギー利用、再生利用の適正な処理、再資源化はこれからも続けられ最終的に使えないものは無いというリサイクル率を目指し、着実にリサイクル技術は進められています。

一時期を思うと飛躍的とは言えませんが確実に状態が良くなっているのです。

他の業者に処理を断られてしまったような廃プラスチックも、当社であれば処理が可能かもしれません。









このページの先頭へ
このサイトに関してのご意見をお待ちしております。「お問い合せ」まで
【廃プラスチック買取・廃プラ買取・廃プラスチック圧縮機・中古圧縮機・プレス機販売中】
Copyright(C) 2010 skr co.,ltd.All Rights Reserved.