廃プラスチック買取(廃プラ買取)リサイクル・産業廃棄物処理なら、収集運搬から中間処理まとめておまかせ下さい。
株式会社SKRのホームページへようこそ。
Home 事業内容 会社案内 お問い合せ
Location
ホーム マテリアルリサイクル



マテリアルリサイクルはゴミを原料として再生利用することで、例えば紙から紙へと、同じものに再生しなおすのが「水平リサイクル」、ペットボトルを繊維などの原料へと全く違う製品に再生するのを「アップワードリサイクル」といいます。

マテリアルリサイクルはもっとも循環的な再生方法として推進されており、加工しやすい段階までゴミを加工し直し、そこから再生へと持って行く方法は私たちのリサイクルへのイメージに最も近い方法ではないでしょうか?

廃プラスチックもペレットという原料の状態に戻されて新しい製品へと生まれ変わるのです。1970年代に誕生したこの方法は今や国内に数百社ものメーカーがマテリアルリサイクルに従事しております。

一見自然な形のリサイクル方法の思えるマテリアルリサイクル、これもいくつか欠点はあり、まずコストが高いというところが課題なのです。

年々コストは減っているものの、まだケミカルリサイクルよりも高いというのが現状であり、途中手作業による選別工程も含まれていること、そして資源化率が低いことがネックとなっています。

また再資源率は50%と半分しか再利用ができず、残り50%はサーマルリサイクルに頼っているのが現状です。また、再利用される製品自体の価値が非常に低い為原料の供給のみにとどまらず、付加価値の高いものへとリサイクルする努力が必要となるのです。

こうやって見ると、マテリアルリサイクルはあまり再利用という観点では結果を出していないように見えますが、これは人々の意識に影響させるために必要なリサイクル方法なのです。

マテリアルリサイクルをやめて他のリサイクル方法のみに偏りますと資源であるという意識が薄れて分別がいい加減になります。

循環型社会形成のための意識を高めるために必要なものがマテリアルリサイクル、社会の取り組みの為にも必要なリサイクル方法だといえるでしょう。

現在、上がっている課題をクリアするためにもメーカーは日々研究を繰り返しています。










このページの先頭へ
このサイトに関してのご意見をお待ちしております。「お問い合せ」まで
【廃プラスチック買取・廃プラ買取・廃プラスチック圧縮機・中古圧縮機・プレス機販売中】
Copyright(C) 2010 skr co.,ltd.All Rights Reserved.