廃プラスチック買取(廃プラ買取)リサイクル・産業廃棄物処理なら、収集運搬から中間処理まとめておまかせ下さい。
株式会社SKRのホームページへようこそ。
Home 事業内容 会社案内 お問い合せ
Location
ホーム コンテンツ 塩ビはサーマルリサイクル


ケミカルリサイクルはコークス炉に入れる前に除去されていた塩ビ。しかし廃プラスチックには塩ビが含まれるものもありそれらをリサイクルできる術を考案されていました。

ですが、これらも問題が解消され段々とサーマルリサイクルの形でリサイクルかが可能となりつつあります。

まず解消された問題点というのが焼却施設、技術が大きく進化を遂げたため。以前のようにプラスチックを焼却すると焼却炉を傷めるというところ、そしてダイオキシンの発生の問題です。産業廃棄物のサーマルリサイクル、焼却処理施設はダイオキシン等に対して処理能力が格段に上がりました。そしてこれからサーマルリサイクルでの塩ビを含む廃プラスチックの処理を請け負いを開示している企業が増えています。

ダイオキシンなどの安全面も長期焼却試験を経てサーマルリサイクルが支障なく出来ることを実証しておりその安全性は確立されています。

これから科学燃料資源はますます節約が必要となりますので、この塩ビを含む廃プラスチックのリサイクル運動は人々にとって大きなメリットを呼ぶことでしょう。

国外ではリサイクル活動と認められていないサーマルリサイクルは、このリサイクル方法は環境負荷の低減が非常に期待される方法です

危惧されていたダイオキシン問題が改善されたとなると、メリットは幅広くいままで困難であった塩ビリサイクルが機能し、環境面、コスト面ともにいい結果をもたらすのです。

サーマルリサイクルを行えるようになる前は塩ビを含んだプラスチック製品はリサイクルに回されずに埋め立てされることが多かったです。

埋め立ては最終処分で出来るだけ行いたくない処分法、近隣住民の問題、土地、環境全てにおいていい処理法と言えなかったのでこのサーマルリサイクルで塩ビもリサイクルを行えるとなるとそれは素晴らしい技術と言えるでしょう。

段々この動きは拡大し、焼却施設が充実する方向へと向いています。

環境に優しい安全な焼却施設は着実に増え、環境保全の場で更に活躍していきます。









このページの先頭へ
このサイトに関してのご意見をお待ちしております。「お問い合せ」まで
【廃プラスチック買取・廃プラ買取・廃プラスチック圧縮機・中古圧縮機・プレス機販売中】
Copyright(C) 2010 skr co.,ltd.All Rights Reserved.