廃プラスチック買取(廃プラ買取)リサイクル・産業廃棄物処理なら、収集運搬から中間処理まとめておまかせ下さい。
株式会社SKRのホームページへようこそ。
Home 事業内容 会社案内 お問い合せ
Location
ホーム コンテンツ 結局どのような活用法が一番であるか


中国等経済発展が著しいところに特に需要がある廃プラスチック、いまこの廃プラスチックはどのような活用法が最も有効であるか?

近年、自治会においてプラスチックが不燃ゴミから燃やすごみにうつりかわりました。

サーマルリサイクルは特に、リサイクル率が非常に高く焼却炉の進歩から炉にも環境にも負担のかかりにくいものとなりました。

ケミカル、サーマルリサイクルから生まれるのは熱回収や発電といった経済の効率性と少ない環境負荷で、これらを推進するとリサイクルを行うメーカーにとっても費用の負担が軽減され経済的、環境的にも最も貢献されるのです。

マテリアルリサイクルは最も再利用法としては理想的であるかもしれませんが、これに執着しすぎると経済的コスト、リサイクルしきれないものの多さから負担ばかりが蓄積してしまいます。

焼却というのは、印象ではあまりリサイクルとはいえないような気もしますし、環境問題にも悪い影響を与えると思われがちですが、焼却炉の助燃剤の節約、焼却して量を減らすことにより最終処分場にもっていく廃棄物の大幅な減少、そしてリサイクル先が発電など経済的な安定も起こりやすいものです。

マテリアルリサイクル自体もけして悪いものではありませんが最優先すべきものではなく、他に優先したいリサイクル法として焼却、熱回収があります。

課題も多く残されてはいますので手放しに推進するわけにはいきませんが、出来ることならば最終処分場の延命など環境面にも優しく、経済的な効率も高いサーマル、ケミカルリサイクルの有用性を推進し、メリットの多いリサイクルを行えれば理想的でしょう。

すでにその有用性に着目し、廃プラスチックを輸入しているところまであるほどですので国内でも更に有効な方法でリサイクルを行うことが出来ることを目標としています。

リサイクルは無理に無理を重ねてするといつか壁に当たってしまいますが、うまく乗り越えれば何よりも有用なものになり得るといえるのです。その材料が廃プラスチックです。










このページの先頭へ
このサイトに関してのご意見をお待ちしております。「お問い合せ」まで
【廃プラスチック買取・廃プラ買取・廃プラスチック圧縮機・中古圧縮機・プレス機販売中】
Copyright(C) 2010 skr co.,ltd.All Rights Reserved.