廃プラスチック買取(廃プラ買取)リサイクル・産業廃棄物処理なら、収集運搬から中間処理まとめておまかせ下さい。
株式会社SKRのホームページへようこそ。
Home 事業内容 会社案内 お問い合せ
Location
ホーム 中間処理



埋め立てを減らす運動はされていますが、やはりいくつかの廃プラは埋め立て処理をしなくてはならない状態ではあります。この埋め立てのためにも減容化、安定化、無害化を行うために中間処理場が普及しています。これらの具体的な目的は埋蔵量を減らすこと、環境への影響の軽減で処理法は破砕、圧縮梱包、溶融、焼却、乾燥など様々な方法を実践されています。

これらの処理を行うことにより最終処分場へ持ち越される廃棄物の量を減らすあるいは有害物質の漏れだしを抑制し、近隣への公害等の被害を抑えるなどの働きとなっています。

廃棄物が無いということはそれだけ郊外に繋がる原因も削減できるということで、難しい物質もありますがうまく行うことにより人々への健康被害も大幅に軽減できるようになるのです。

またこれら中間処理業許可は事前に計画書、協議が行われ決められるものであり立地でその許可が下りるか否かがほぼ決まります。

中間処理業が出来ないと判断された立地に許可が下りることはまずなく、工業地域、工業専用地域といった適した立地での許可が下りるようになっている為いきなり住宅街にこれらの処理場ができるということはまず事前議決で有り得ないのです。

公害、健康被害に厳しい目を向ける昨今、このように事前の審査がきちんと機能しており人々の暮らしを守るよう働いています。

かなり軽減されたとはいえ、過去の健康被害の裁判はまだ終わっていない現実。健康被害で引き起こされた痛ましい過去を引き起こさないためにも厳しい審査の中、廃プラスチックなどの処理は行われています。

今現在、さまざまな方に守られて人々は生活しており、産業廃棄物による被害は段々少なくなってきています。

この傾向に油断することなく厳しい審査を執り行い、産業廃棄物の処理、中間処理は行われているのです。

事前協議には施設近隣住民の同意ももちろん含まれており、その難関を乗り越えた処理場が建設されています。










このページの先頭へ
このサイトに関してのご意見をお待ちしております。「お問い合せ」まで
【廃プラスチック買取・廃プラ買取・廃プラスチック圧縮機・中古圧縮機・プレス機販売中】
Copyright(C) 2010 skr co.,ltd.All Rights Reserved.