廃プラスチック買取(廃プラ買取)リサイクル・産業廃棄物処理なら、収集運搬から中間処理まとめておまかせ下さい。
株式会社SKRのホームページへようこそ。
Home 事業内容 会社案内 お問い合せ
Location
ホーム コンテンツ 中国での廃プラスチック



近年廃プラスチックはその有用性から価値が付き、中国等アジア圏への輸出を行われています。中国には廃プラスチックリサイクルの業者は約五万社以上、従業人数は五十万人以上といわれていますが実際はその倍以上の規模を誇るといわれています。

国内の回収率が上がり輸入量は減ったもののまだ廃プラスチックは輸出入で買い集めている中国。

輸入加工会社も成型工場も相当な数が稼働しております。

中国でこのプラスチックリサイクル業が参入した理由にはまず人件費の安さがあり、全工程に人海戦術を行えるので参入しやすかったという理由があります。またプラスチック製品の需要は高く、下水道、パイプ、農ビ等多くの製品に利用されており再生資源が不足している今廃プラスチックが有用な資材とされています。

しかしこれらも今までのことで近年プラスチックリサイクル業界は伸び悩んでいます。

輸入出にほぼ依存している中国は輸出不振が起こると影響がでやすくなっておりますが、リーマンショックを境に輸出が減少しています。また中国の人件費がここ10年で5倍もの上昇があり、いままで人海戦術でできていたことを機械による効率アップに切り替えるなどの方針変更があります。

経営危機に陥っている部分もある中国のプラスチックリサイクル事業ですが、これからの方向性はしっかり定まっておりまず一つ目は環境対策。これから更に環境対策にきちんと取り組める社会を作れるかどうかがこれらプラスチックリサイクル業者が生き残るための道となるようです。

また人件費が上がったため、その分技術を向上させて更に高い品質のものを製造出来るように、社会に認知されるよう動いている企業も存在しています。

リーマンショック等環境の変化で困難は起こりますが、それらも乗り越えてこれからも廃プラスチックを扱う産業は努力を続けていくのです。

中国にはプラスチックによる再生原料は多くの需要があります、うまく乗り越えられればなくてはならない産業としての地位を確立できるものだと言われているのでその価値を見据えて企業努力が行われています。










このページの先頭へ
このサイトに関してのご意見をお待ちしております。「お問い合せ」まで
【廃プラスチック買取・廃プラ買取・廃プラスチック圧縮機・中古圧縮機・プレス機販売中】
Copyright(C) 2010 skr co.,ltd.All Rights Reserved.