廃プラスチック買取(廃プラ買取)リサイクル・産業廃棄物処理なら、収集運搬から中間処理まとめておまかせ下さい。
株式会社SKRのホームページへようこそ。
Home 事業内容 会社案内 お問い合せ
Location
ホーム コンテンツ 廃プラスチックの種類


近年、中国による経済発展により、それまでただのゴミとして扱われていたプラスチックごみが価値のあるものとして扱われています。

プラスチックの種類といっても様々で、わかりやすいところでいくとペットボトルやポリ袋、他には床材、布団の中綿、発泡スチロール、自動車や自転車の部品などにプラスチックは利用されています。

見る限り、生活の中どこにでも利用されているプラスチック、これだけ利用されているのですから日常的にゴミとしてたくさん出るのは間違いありません。

廃プラスチックにはザックリと二通りの種類があり、1つは熱可塑性樹脂。適度な温度に加熱すると軟化し、冷却すると固化するもので普段から目にするものは大体この分類に当てはまります。もう一つが熱硬化性樹脂といい加熱すると硬化する主に圧縮成形のできるものと言われています。機械部品、浴槽、緩衝剤、接着剤や塗料といったものがこれにあてはまります。

環境の観点からも取扱いに注意すべきものである廃プラスチック、現代廃プラスチックのリサイクルについての研究もなされており、ただのゴミから段々と価値のあるものへと切り替わりつつあります。すでにそこに着目し、事業として成り立っており一つ資源として動き始めているものなのです。

熱可塑性樹脂についてはリサイクルが比較的容易なもので、独自を行い次の商品、あるいは燃料などに生まれ変わりますが熱硬化性樹脂については再生が困難で埋め立てなどの廃棄に回されています。

廃プラスチックに限ったことではありませんが、環境汚染などにもつながる廃プラスチック、出来る限り再利用を行うなどの取り組みによって環境への配慮を行われているのです。

技術、コスト面から熱硬化性樹脂のように再利用が困難な種類はありますが、日常生活で一般人にもなじみのあるもの。たとえばコンビニで買うお弁当やジュースの容器なども、使用後に加工を経て様々な利用をされていると言われています。

本来ゴミでしかなかったものが再利用によってさまざまなものに生まれ変わり生活を豊かにしています。










このページの先頭へ
このサイトに関してのご意見をお待ちしております。「お問い合せ」まで
【廃プラスチック買取・廃プラ買取・廃プラスチック圧縮機・中古圧縮機・プレス機販売中】
Copyright(C) 2010 skr co.,ltd.All Rights Reserved.