廃プラスチック買取(廃プラ買取)リサイクル・産業廃棄物処理なら、収集運搬から中間処理まとめておまかせ下さい。
株式会社SKRのホームページへようこそ。
Home 事業内容 会社案内 お問い合せ
Location
ホーム 油化とは?


マテリアルリサイクル、サーマルリサイクル、ケミカルリサイクルの分類がある廃プラスチックの再利用方法。それぞれの役割から作られるものはあるのですが、ケミカルリサイクルの分類で「油化」というものはあります。

尚、プラスチックの油化はほとんど行われておりませんが、数少ない企業で油化するリサイクルは行われており、それらの企業は絶え間ない努力で廃プラスチックを石油に戻すという取り組みを行っています。

石油というと、石油王と呼ばれる富豪の存在などが頭に浮かぶ人も多いでしょう。その通り、石油は利益効果としては非常に高いものでその需要は供給者に莫大な利益をもたらしてくれます。

石油の利用先として代表的であり、石油産業に日をつけたのが自動車。自動車の普及に伴い石油の需要が増え、爆発的に増えた需要に伴い石油の価値は高騰していったのです。

石油需要から生まれたオイルマネー。石油の供給者は市場拡大によって発生した利潤の働きで大きな財を築くようになります。リサイクルでこの石油を生み出す。理想では廃プラスチックで油田を作る!というのが一つの目標とされています。

しかし、廃プラスチックから石油を生み出すのは相当なコストがかかり採算が取れないというのが現状。そのため段々とその取り組みを廃止して他のリサイクル業に移り変わるところも増えています。ケミカルリサイクルの一部である油化、油化よりも他の手順を踏んだ方がずっと安価で効率もよいためです。

しかし、廃プラスチックを石油に戻すという理想的な方法を諦めていない方々もいます。数少ないメーカーではありますが、その方々の努力によりゴミの山である廃プラスチックが石油という需要に困らないものに生まれ変わる可能性があるのです。

この開発が進むと供給側としては大きな利益になると言えるものでしょう。そのために努力しているメーカーも存在しており、今は厳しい中で油化装置の稼働および開発に従事しています。











このページの先頭へ
このサイトに関してのご意見をお待ちしております。「お問い合せ」まで
【廃プラスチック買取・廃プラ買取・廃プラスチック圧縮機・中古圧縮機・プレス機販売中】
Copyright(C) 2010 skr co.,ltd.All Rights Reserved.